contact

BizCard 6.0BizCard 6.0

グローバルな名刺管理のソリューション

 
 
 
概要
 

Presto! BizCard 6.0 は、名刺のスキャン、スキャンデータの編集や、さまざまなコンタクトマネージャーとデータの同期を行える、連絡先管理の総合ソリューションです。様々な言語の名刺データを整理・管理することができます。

 
 
 
 
グローバルな名刺認識および管理ソフトの特長
 

連絡先情報をクラウドアカウント、PDA、PIMと簡単に同期
(PDA:個人用携帯情報端末、PIM:個人情報管理用ソフト)

BizCardは名刺イメージを検索・編集可能なデータに変換できます。Google Contacts,Salesforce.com,ACT!,Lotus Notes,Microsoft Outlookなどとデータの同期が可能です。連絡先情報は、vCard,CSV形式へのエクスポートの後に、MobileMe,Gmail,Hotmail等のアドレス帳から読み込む事ができます。そのため、ノートPC,PDA,PIMなどと連絡先情報の交換が簡単に行えます。
 
 
 
 
簡単・直感的なインターフェース(操作画面)で、連絡先情報をすばやく検索
BizCard6.0は、簡単かつ直感的な操作画面で、会社名・分類・名前などの情報によって探したい名刺をすばやく検索できます。多言語の文字表示をサポートしているだけでなく、同一画面で各種言語の名刺を管理でき、提供しているインターフェースの言語は英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・オランダ語・ロシア語・ポーランド語・簡體中文・繁體中文・韓国語・日本語の13ヶ国語にわたります。さらに、ブラウズモードで名刺の表・裏・ノートを表示し、スマート検索機能で情報をすばやく探すことができます。
 
 
 
 
革新的 ・ユーザーフレンドリーな技術でより便利な連絡先情報の管理
 
BizCard6.0は、SFIT(Smart Field Identification Technology)の技術で、名刺内の名前・会社名・役職名・住所などの各情報を自動判別して認識を行います。また、言語を設定しなくても、東洋から西洋にわたるさまざまな言語を自動で検出します。さらに、名刺の表裏でそれぞれ別の言語を指定して両面を認識することや、フラットベッド型スキャナーで同時にスキャンした複数の名刺を、自動裁断によって個別に認識することができます。
 
 
 
連絡先管理に必携のツール
BizCardは、標準的なTWAINスキャナーをサポートしています。また、ADF(自動原稿送り)機能で両面がスキャン出来る場合は、名刺の表裏両面のスキャンを一度に行えます。
 
 
 
BizCard6.0またはMicrosoft Outlookを起動せずに、ツールバーからBizCardアイコンをクリックするだけで、名刺のスキャンが手軽に出来ます。さらに、Outlookのツールバーからアイコンをクリックすると、スキャンされた名刺の画像を指定したアドレス帳へ直接送ることができ、さらにBizCardのデータベースへ送ることもできます。
 
 

 

 
動作環境
 
OS :Microsoft Windows XP、Vista、7 または Windows 8
ディスプレー:SVGA (800 x 600) またはそれ以上
CD ROMドライブ
プログラムインストールに、ハードディスクに最低 270 MBの空き容量、実行に250 MBの空き容量
スキャナ接続のためのUSB ポート
(オプション)コンタクトマネージャー、または情報管理ソフト,例 Microsoft Outlook 、 ACT!